忍者ブログ
ウェブSEO対策。ニュース、日記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

h1


最近のメインブログは、h1タグだけ使用しています。h2~h6は全く使っていません。本文が短すぎて使えないってのもまぁありますが(笑)。h1タグだけで効果があるのかないのか検証したいのもありました。本文短いながらも、無理やりh6まで使って更新したこともありますが、不自然でした(笑)。少しの不自然ではなく、かなりの不自然だったのです^^;。でもそれも記念だ!と思い、直さずに編集しないでそのまま表示させています^^。今までの施策はスパムではない限りそのままにしておこうと思っていますので♪。この施策はペナルティを受けた、この施策はいつまでもペナルティを受けなかったとか、後になっても検証できると思いました^^。

SEM対策
Google SEO対策

SEOフィルター。被リンクに起因するフィルタリング、対策URLのコンテンツに起因のフィルタリング
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
リンク鮮度スコアとリンクエイジスコア。エイジが上位安定,一位維持で重要。オールド被リンクを増やす
「被リンク設置の時間分散」と「数」で参入障壁を築く。SEOへの参戦遅れるほど上位表示コスト上がる

男性の脱毛サイト、千葉県
脱毛 千葉 男

ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
Google SEO対策と衛星サイト更新
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
脱SNS。ブログシフトを進めて早1年半。SNSから距離置き、より一層ブログ・HPシフト推し進める
PR

CSS


CSS。この用語はよく出てきます。cascadingstylesheets。カスケーティングスタイルシートといいます。HTML文書内での表示方法を支持するためのものです。隠しテキストなどを施すことはスパム行為にあたりますから気を付けて記述しなくはなりません。以前スパム行為が横行しましたので・・・。SEOをなぜ施すのかを今一度考えてみた方がいいかもしれません^^。なぜSEOを施すのか考えてみれば、スパム行為をしようと思わなくなります。スパム行為を続けることにより、ペナルティを受けて順位が下がってしまえばSEOを施してきた意味がありません。順位を上げるためにSEOを施しているのにそれでは逆になってしまいます。

検索エンジン上位表示
ビジネスブログ SEO対策

同一ドメインからの大量被リンクはSEOで効果あるのか?効果あり。ドメイン分散型被リンクには劣るが
「気力管理」と「体力管理」。経営は気力!
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要

ひげの脱毛Serviceサイト、千葉
ひげ 脱毛 千葉

2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
短期間で検索順位を上げる
グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円

返答


またまたサーフィンをしていて、気になる質問を発見しました。SEO業者の質問でした。キーワードを一緒に決めてほしいという問い合わせがありました。契約する前にキーワードを決めるのを手伝うべきか、契約後にキーワードを決めるのを手伝うべきかどちらがいいでしょうと・・・。これはなぜ質問をしたのかちょっと疑問の思いましたが^^;。この質問者は質問者なりに悩んでいたのでしょう。これはもちろん契約後です。世の中いい人間ばかりではありません。キーワードを決めてもらってドロンパする人もいるでしょう。ドロンパされたらその質問者が損をします。これは冷たい、ケチと言われようが徹底すべきことなのです。契約後にサービスを提供するべきです。

検索上位
SEO対策 料金

Webサイト サービス

「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
キーワード重視のSEO対策とトラフィック重視のSEO対策。違いは1位表示優先か、アクセス増優先か